税抜6,000円以上のご購入で送料分ポイント還元!

5/27(日)まで

cotta徹底取材!プロの仕事 菊地賢一シェフ プロフィール

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

 

 

cottaがお送りする超豪華連載企画、プロの仕事。
インタビュー記事とともに、特別レシピも公開します。

菊地賢一/Kenichi Kikuchi

東京恵比寿と中野にあるパティスリー「レザネフォール」のオーナーシェフ。製菓学校講師や製菓関連企業のアドバイザー業務も行っている。

cotta限定レシピ

Recipe1:スワンシュー
Recipe2:チュロス
Recipe3:ガトーショコラ

スペシャルインタビュー

Interview vol.1:「レトロモダン」が美味しさのベストバランス
Interview vol.2:街場とホテルの違いとは…?
Interview vol.3:仕事への取り組みも、お菓子の味も、ちょうどいい加減で

経歴

■1978年

神奈川県生まれ

■1998年

製菓専門学校を卒業。

サントノーレ・グループの「アルパジョン」「ヴォアラ」などで研鑚を積む。

■2003年

内海会ジュニア技術コンクールにて金賞に輝く。

「パークハイアット東京」へ移り、レストランデセールも学びながら、キャリアの幅を広げる。

また、数々のコンクールにも参加し、受賞を重ねる。

■2006年

「ジャパン・ケーキショー東京」にて、大型工芸菓子部門・連合会会長賞を受賞(優勝)

内海杯コンクールにて、金賞を受賞。

■2007年

「グランドハイアット・シンガポール」にて研修。

■2008年

「パークハイアット・パリ・ヴァンドーム」にて、アントルメやデセールの腕を磨く。

在仏中、フランス三大コンクール「ガストロノミック・アルパジョン・コンクール」にて優勝。

■2009年

帰国後、東京・自由が丘の「ガトー・ナチュレール・シュウ」のシェフ・パティシエに就任。

製菓学校講師や製菓関連企業のアドバイザーとしても活動を行う。

■2012年

フランス・パリ「セバスチャン・ゴダール」にて、モダンからクラッシックに回帰したゴダール氏の菓子作りを学ぶ。

11月、東京・恵比寿に「レザネフォール」を開業。

■2018年4月

東京・中野に新たな「レザネフォール」をオープン。

>> 「Les Années Folles」webサイトへ

おすすめ PICK UP!

トップへ