税抜6,000円以上のご購入で送料無料 ・クール便手数料無料、税抜6,000円未満は各540円が加算されます。

「山型食パン」minna

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

山型食パン

山型食パン

作り方

  • 1
  • 山型食パン

    計量
    材料を計量します。
    大きめのボウルに粉・砂糖・塩・インスタントドライイースト・スキムミルクを計量します。
    もうひとつ小さめのボウルに仕込み水を計量します。こちらも必ずデジタルスケールを使ってください。
    また、別にバターも計量しておきます。

  • 2
  • 山型食パン

    こね
    最初はゴムベラで大きなボウルの中の材料をぐるぐると混ぜます。 一生懸命混ぜる必要はありません。均等に材料が混ざればOKです。 そこへ仕込み水を一気に入れ、ゴムベラでぐるぐると混ぜます。

  • 3
  • 山型食パン

    一塊になったらゴムベラの生地をきれいにとって、続いて手でこねます。 2分程度こねたら、バターを入れます。さらに5分ほどこねていくと手から離れるようになります。

  • 4
  • 山型食パン

    さらにこねていくと表面がつるんとしてきます。

  • 5
  • 山型食パン

    一次発酵
    オーブンについている発酵機能を使ってください。ボウルに生地を入れて、選べるようであれば、35℃で40分置きます。 一次発酵完了の目安は、見た目が倍程度に膨らんでいることです。

  • 6
  • 山型食パン

    分割
    半分に分割します。スケッパーでおこないます。スケッパーは前後にぎこぎこ押さず、上から1回でスパッと生地をカットします。 あまり生地を触りすぎると生地が傷んでしまい、最終的につるんとしたおいしいパンにならないので注意が必要です。。

  • 7
  • 山型食パン

    丸め
    3縦長に置いて、手前から向こう側に半分に折ります。

  • 8
  • 山型食パン

    折ったら綴じ目を縦に向けてさらに折ります。 これを5回程度繰り返していきます。そうすると。表面がつるんとしてきます。 このつるんが大切です。傷つけないようにおこなってください。丸めすぎると生地が裂けてくる原因になります。

  • 9
  • 山型食パン

    ベンチタイム
    丸めた生地を休めるための時間です。タッパーに乾いた布巾を敷いて、その上に生地を置き、乾燥しないようにふたをするかきつく絞った濡れ布巾をふんわりとかけます。 常温で15分程度置きます。

  • 10
  • 山型食パン

    成型
    生地を裏返して上から押さえ、均等な厚さにします。 めん棒で縦20cm×横15cmの縦長の楕円形に広げます。めん棒は生地の真ん中を基点に真ん中から上、真ん中から下、斜めとかけていきます。

  • 11
  • 山型食パン

    広げた生地は手前から3分の1のところまで折り、

  • 12
  • 山型食パン

    さらに奥から3分の1のところまで折ります。

  • 13
  • 山型食パン

    折った生地を縦にして、ころころと転がします。

  • 14
  • 山型食パン

    それを2つとも丸めたら、とじ目が外向きになるように確認して

  • 15
  • 山型食パン

    2個同時に型に入れていきます。生地の外側を型に合わせて置くと、生地と生地の隙間が1~2cm程空きます。同じタイミングで入れることがポイントです。

  • 16
  • 山型食パン

    仕上げ発酵
    オーブンについている発酵機能で選べるようであれば、40℃で40分程度置きます。 発酵器が無い場合は、30℃~40℃の場所を探します。冷蔵庫の上やポットや炊飯器のそばがおすすめです。冬場はホットカーペット、夏場は常温でもOKです。 低い温度に置いた場合、レシピの時間はあくまで目安にしかなりません。見た目が倍になるまで気長に待ってください。 仕上げ発酵の目安は、型から少し生地の頭が見えていることです。 レシピの時間より長くなってもかまいませんので、型から少し頭が見えるまで待ってください。

  • 17
  • 山型食パン

    焼成
    予熱したオーブンで焼成します。180℃で25分焼きます。

このレシピの材料

数量:1.5斤型1個分

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

minnaさんのレシピ一覧

みんなの新着レシピ





おすすめ PICK UP!