税抜4,000円以上のご購入で送料無料 ・クール便手数料200円、税抜6,000円以上でクール便手数料無料

6/26(月)16:00まで

「豚ロールカツのお弁当」JUNA

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

豚ロールカツのお弁当

豚ロールカツのお弁当
4月から子どものお弁当作りがはじまるという方もたくさんいらっしゃるかと思います。
私も、娘のお弁当はとりあえず丸3年作り続けたわ♡
そして今後もまだまだ続く予定! (今春から高校生なの)
JUNA夫さんのお弁当なんて、結婚してからずーーーーーーっと作ってる&
終わりが見えないわよっ(≧▽≦)

ってなわけで今月は、お弁当のご紹介♪
私なりのちょっとしたコツもご紹介できればと思ってるわ。
一発だけ作ればいいお弁当なら、
すごく凝ったり、豪華にしたり、時間をかけたりというのもありなんだけど、
ながーーーーーーーくほそーーーーーーーく続けるためには
「やりすぎない」「はりきらない」「がんばらない」
これ、ポイントよ(笑)

そして作り手のテンションを保持するためには、
複数のお弁当箱を用意するのもけっこう大きなポイント♪
どうしても1個だけのお弁当箱だと、食べ手はもちろん、作り手にも飽きが出てきて、
「いやーーー」とか「めんどーーーーー」って気持ちが湧いちゃうのよ(^^;)

今はわっぱの弁当箱やかわいいお弁当箱もいろいろ出ているので、
これからなが~いお弁当作り生活が待ってるっていう方は、
ぜひいくつかそろえてみるのをおすすめするわ♡

ちなみに私は、主に5~6種類のお弁当箱を使いまわしているといった感じよ(^-^)

ではまずはお弁当のレシピにいってみましょう。

豚ロールカツ

  • 1
  • ※(6)までは前の晩にやっておく。

  • 2
  • みそとみりんをよく混ぜ合わせる。

  • 3
  • 豚ロールカツのお弁当

    豚肉を2枚重ねておいたものを6個作り(ソテー用ならそのまま1枚をおく)、それぞれに(2)をヘラでぬり広げる。

  • 4
  • 豚ロールカツのお弁当

    上に大葉をそれぞれ2枚ずつ並べて手前にチーズをのせたら、

  • 5
  • 豚ロールカツのお弁当

    くるくると巻いて全体に塩・コショウをする。

  • 6
  • 豚ロールカツのお弁当

    衣用の溶き卵を、巻いた豚肉の両端内側につけて閉じるように接着したら、
    薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
    ※衣をつけるときも、両端をぎゅっとつまむようにしてつけるとよい。

  • 7
  • 170℃に温めた揚げ油で(6)をきつね色になるまで揚げ、キッチンペーパーにとる。
    ※多めの油で転がすように揚げ焼きにしてもOK。

  • 8
  • 豚ロールカツのお弁当

    冷めたら半分に切る。

アスパラとしいたけとにんじんの炒め物

  • 1
  • ※(4)までは前の晩にやっておいてもOK。

  • 2
  • アスパラは茎の固い部分は切り落とし、根本1/3ほどの皮をピーラーでむく。その時はかまをひっかけるようにして取るとよい。

  • 3
  • (2)を幅3cmほどに切ったら水でぬらしてラップに包み、600Wの電子レンジで25~30秒加熱する。

  • 4
  • にんじんは千切りにし、しいたけは薄切りにする。

  • 5
  • 豚ロールカツのお弁当

    フライパンにオリーブオイルをひき、(3)、(4)を炒める。

  • 6
  • 全体に油がまわったら、塩・コショウ、しょう油で調味し、皿などにとって冷ます。

三つ葉&塩昆布の卵焼き

  • 1
  • 豚ロールカツのお弁当

    ボウルにサラダ油以外の材料をすべて入れて、よく混ぜ合わせる。

  • 2
  • 卵焼き器に薄くサラダ油をひいて強火の中火でしっかりとあたためたら、弱火に落として(1)の1/3量を流し広げる。

  • 3
  • 豚ロールカツのお弁当

    クルクルと巻いたら、残りの卵液の半量を加えて再び巻く。それをもう1度繰り返す。

  • 4
  • 豚ロールカツのお弁当

    巻きすに取って輪ゴムでしっかりと止め、そのまま冷ます。冷めたら食べやすい厚さに切る。

お弁当箱に詰める

  • 1
  • ごはんは一度器などにとって粗熱をとってから容器につめる。
    グリーンリーフは洗った後の水気をしっかりとキッチンペーパーでおさえておく。
    プチトマトはヘタを取って特にその部分をよく洗ってから、キッチンペーパーでしっかりと水気をおさえる。

  • 2
  • おかずを容器に詰めていく。
    ※いちごは別容器添え

  • 3
  • 豚ロールカツのお弁当

    このお弁当箱の場合はまずは奥から。
    お弁当がおいしそうに見えるためには、
    「主菜」つまりメインを一番目がいくところにもっていくといいので、
    それを中央に配置するため、奥には副菜の炒め物を配置するのよ。
    炒めものは時間が立つにつれて水分が出ることがあるので、
    カップを使って入れるのがおすすめよ。

  • 4
  • 豚ロールカツのお弁当

    そしたら次に主菜を真ん中に置くわけなんだけど、ちょっとしたグリーンがあると
    見栄えがよくなるでしょう?
    でもねぇ、生野菜と何かが接触するっていうのは、食中毒の原因にもなるから
    避けなくちゃいけないのよ。実際油まみれになった生野菜食べるのもいやでしょう?
    だから、グリーンリーフをおいたら、ワックスペーパーを敷き込むの。

  • 5
  • 豚ロールカツのお弁当

    そして、そのワックスペーパーの中に包むようにして豚ロールカツをイン。
    こうすれば、食中毒の可能性がぐっと減らせるし、
    グリーンリーフはお昼になっても油にまみれていることはないから、
    ちゃんとおいしく食べられるのよ。飾りじゃないのよ、グリンリーフは(笑)

  • 6
  • そしてあとは、手前のあいた部分に卵焼きを積み上げるの。

    で、全体を見た時にね、ちょっとすき間があるかなってところに、
    プチトマトを入れるのよ。
    お弁当は詰めすぎもよくないんだけど、
    すき間がありすぎると持ち運ぶ時に移動しちゃうのね^^;
    だからある程度はおかずが動かずにすむよう、すき間はゆるく埋めてあげるといいわ。
    これもカップで包むと、油まみれのプチトマトをたべるはめにはならず(笑)、
    おいしく食べられるわよ(^-^) ヘタは細菌発生の原因になるから、ぜひ取って入れてね。

  • 7
  • 豚ロールカツのお弁当

    ごはんは、最終的な色のバランスを見て、
    さみしいようなら、ごまやふりかけなどでアレンジするといいわ。もちろん梅干しでも!
    ふりかけ類は全体にまんべんなくかけてしまうと、ゴテゴテ感が出る上に、
    余分な塩分摂取にもなるので、
    さりげない感じでの演出がおすすめ♪

  • 8
  • 豚ロールカツのお弁当

    さ、こんな感じでお弁当が完成!
    基本ねぇ、おかずは3品でいいわよっ、3品で♡
    長く続けるにはこれ大事よ^^

    その3品の中で、品目をいかにかせぐかってことを考えるといいわ。

    そして、それぞれ味付けが被らないようにすることもおすすめしたいわ。全部がしょう油味にならないように、しょう油味、みそ味、塩味など、それぞれおかずの味を分けると食べ手に飽きがこないのよ。

    油の使わけもおすすめよ^^3品の中で全部がサラダ油にならないように、ひとつはオリーブオイルを使うとか、ごま油も使ってみるとかね。風味も変わるし、体にもそのほうがいいでしょう?

  • 9
  • 毎日のお弁当作り、これから一緒にぼちぼちやっていきましょ♪
    疲れた時には可能なら「休む」。これもとっても大事なことよ~(^-^)

    そうそう、これからの季節は保冷剤&保冷ボックスを忘れずに♡

このレシピの材料

数量:2人分

  • 主菜:大葉&チーズ入り豚ロールカツみそ風味
  • 豚しゃぶ用豚ロース薄切り肉※とても薄いものを使用。ソテー用の薄切り肉なら6枚でOKです。 … 12枚
  • 大葉 … 12枚
  • チーズ … 適量
  • みそ … 小さじ2
  • みりん … 小さじ1
  • 塩・コショウ … 適量
  • 衣用薄力粉、溶き卵、パン粉 … 適量
  • 揚げ油 … 適量
  • 副菜1:アスパラとしいたけとにんじんの炒め物
  • アスパラガス … 2本
  • しいたけ … 2枚
  • にんじん … 輪切りで1.5cm
  • オリーブオイル … 適量
  • 塩 … ひとつまみ
  • コショウ … 適量
  • しょう油 … 小さじ1/2
  • 副菜2:三つ葉&塩昆布の卵焼き
  • 卵 … 2個
  • 三つ葉 … 適量
  • 塩昆布 … ふたつまみ
  • 白ごま … 小さじ1
  • サラダ油 … 少々
  • その他
  • グリーンリーフ … 
  • プチトマト … 
  • ごはん … 
  • 黒ゴマ … 
  • 白ごま … 
  • ゆかり … 
  • いちご … 

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

JUNAさんのレシピ一覧

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

トップへ