税抜6,000円以上のご購入で送料108円 ・クール便手数料108円、税抜6,000円未満は各648円が加算されます。

「オレンジのガレット・ブルトンヌ」るぅ

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

オレンジのガレット・ブルトンヌ

オレンジのガレット・ブルトンヌ
グランマルニエで風味をつけたサックサクのガレット・ブルトンヌ。
ピスタチオでヘタを作り、オレンジ型に仕上げてみました。
6cmのセルクル型だけで型抜き~焼成まで補えます!

生地を作る

  • 1
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    薄力粉とアーモンドプードルは合わせてふるう。

  • 2
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    オレンジの皮をすりおろす。
    (白い部分が入ると苦くなってしまうので、オレンジ色だけの部分をすりおろしてください)

  • 3
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    バターは室温に戻す。
    (薄く切ってボウルに張りつけるようにすると早く室温に戻ります)

  • 4
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    柔らかくなったバターを木べらで練り、粉糖を入れて、木べらで混ぜる。
    (泡立てなくてOKです。粉糖が混ざればOK)

  • 5
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    すりおろしたオレンジの皮、卵黄、塩、グランマルニエを入れ、木べらで混ぜる。
    (こちらも全体に混ざればOK)

  • 6
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    ふるった薄力粉とアーモンドプードルを入れ、木べらで切るように混ぜる。
    (練らないように、粉気がなくなるまで混ぜてください)

  • 7
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    こんな感じになればOK。

  • 8
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    7をラップで包み、冷蔵庫で1時間以上冷やす。

ドリュールを作る

  • 1
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    卵黄とグランマルニエを混ぜ、ドリュールを作る。

成形~焼成

  • 1
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    生地をラップの上に置き、さらに上からラップを被せ、厚さ1cmに伸ばす。
    厚さ1cmに伸ばしたら、冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
    (途中で生地がダレてきたら、冷蔵庫で冷やし固めてから再度伸ばしてください)

  • 2
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    打ち粉をしたセルクル型で生地を抜き、1mm程度小さくなるように手で押さえる。(←こうしておくと、後でセルクルをかぶせた時、すっぽりとセルクルにはまります。欲張って何ミリも小さくしちゃうと表面に凹凸ができてしまうので、あくまで1mmだけ)
    型抜きした生地は、ダレないよう冷蔵庫に入れておく。

  • 3
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    余った2番生地は、ひとつにまとめてもう一度1cm厚さに伸ばし、冷蔵庫で休ませてから型抜きし、工程2と同様1mmだけ小さくする。

  • 4
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    表面にドリュールを塗り、冷蔵庫で15分ほど乾燥させる。
    (側面にドリュールがつくと、型外しがしにくいので、気持ち内側に塗る感じで)

  • 5
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    表面が乾いたら、再度ドリュールを塗る。
    (一度目のドリュールは表面についた粉をはらうため。二度目のドリュールで艶をだします)

  • 6
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    セルクルの内側に薄くバターを塗る。

  • 7
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    ピスタチオを指で埋め込み、爪楊枝を刺し、模様をつける。

  • 8
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    セルクル型をかぶせ、170度に余熱したオーブンで22~23分ほど焼く。
    (成形~焼成の工程2で1mm程度小さくしておかないと、ここでセルクル型にはまらず、生地がはみでます)

  • 9
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    こんな風に全体に濃いめの焼き色がつけばOK。

  • 10
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    セルクル型を外し、ケーキクーラーの上にのせて冷ます。

  • 11
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    オレンジのガレット・ブルトンヌできあがり♡
    湿気を吸いやすいので、保存する時は乾燥剤を忘れずに。

  • 12
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    ラッピングする時は、乾燥剤と共にガス袋に入れ、シーラーで閉じて。
    シート乾燥剤なら割れ防止にもなって一石二鳥。
    オレンジのシールをペタっとするだけでもかわいい♡

  • 13
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    りぼんを巻けば、立派なよそ行き風に♡

おすすめの道具達

  • 1
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    上はクッキングシートにのせて焼成したもの。
    下はシルパンにのせて焼成したもの。
    どちらも同じ温度同じ焼き時間の焼成です。
    クッキングシートにのせたもののほうが焼き色は強くでていますが、食感はシルパンのほうが断然軽く、中までサクサク。
    ここまで違いがでるとは思わなかった・・・!

  • 2
  • オレンジのガレット・ブルトンヌ

    セルクル型をはめずに焼成すうると、厚さが半分になるくらい広がってしまうので、必ずセルクル型をはめて焼成してください。

このレシピの材料

数量:直径6cm12個分

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


のりちよさん
2017/11/19
はじめまして、のりちよと申します。
たまには自分のためのお菓子を作りたいと思い立ち、なんと真夜中にずっと気になっていたこのレシピを作ることにしました。
12枚にオレンジの皮1個分というのが、とても魅力的です。
ところが、あると思っていたグランマルニエがない‼、お店も開いていない!
乱暴ですがコアントローとブランデーを合わせて焼きました。
サックサクで甘さ控えめで何ともいえない爽やかな香り…夜中なので1枚だけ味見です。
今度はちゃんとグランマルニエで作ります。
致命的な機械オンチのため写真を載せることができず、申し訳ありません。
写真といえば、るぅさんのお写真も変わったのですね。
前のお写真も可愛くて大好きでした。
写真
あじさいさん
2017/7/12
ひとつで満足できるはずのガレットブルトンヌがオレンジがさわやかでついつい食べすぎてしまいます☆
美味しくて親切なレシピありがとうございます。
写真
ねこラムさん
2017/5/29
るぅさんの大ファンでレシピ本も持ってて、ブログも楽しく見てます!

ママ友の集まりに持ってくのにガレットブルトンヌの上にチョコ生クリームとイチゴでデコレーションしました。

オレンジがなかったのでゼスト抜きのラム酒でドリューなしで作りました!おいしかったけど、やっぱりオレンジあった方がおいしいと思うし、オレンジの見た目もカワイイのでまた作ってみようと思います!

セルクルもないので厚めのアルミカップを使って一口大で作りました!2倍でしたらたくさんできました❤️
写真
2016/12/11
セルクルを手作りして作ってみました。見た目も味も最高です。お気に入りのレシピに追加したいと思います。
写真
らなさん
2016/12/6
ずっと気になっていたレシピでした。このガレットを作らせて頂くためにマイクロプレインとシルパンとオレンジシールを購入(^^ゞ3つとも買って良かった!うちのオーブンでは焼成温度が高かったみたいで表面が黒くなってしまいましたが次は10℃下げた160℃焼成のほうがいいですか?ピスタチオはナシですがオレンジの風味抜群でとっても美味しかったです。ありがとうございました^-^
るぅさん
2017/4/12
遅いレスですみません・・・!表面が黒くなってしまったようでしたら、焼成時間を少し短くとっていただいて、それでもダメなら10℃下げる方法をお勧めしますが、もう遅いですよね・・・ホントすみません・・・!猛烈反省。
写真
2016/11/28
るぅさん、こんにちわ〜❤️いつもブログも楽しく拝見しています✨✨✨表面焼き過ぎですが美味しくできました〜〜❤️友人にあげたら凄く喜んで貰えました❗️ラッピングも真似っこさせてもらいました

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

るぅさんのレシピ一覧

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

トップへ