税抜6,000円以上のご購入で送料無料 ・クール便手数料無料、税抜6,000円未満は各540円が加算されます。

「キュンと甘酸っぱいレモンタルト」あいりおー

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

キュンと甘酸っぱいレモンタルト

キュンと甘酸っぱいレモンタルト
甘酸っぱいレモンクリームを詰めたタルトにデカイパー シトロン ジュネヴァを使ったメレンゲをトッピングしオーブンで焼き上げたすっきりさわやかなタルトです。

下準備

・タルト生地用のバター、卵は室温にもどしておく。

・粉類はふるっておく。

・オーブンは180度にあたためておく。

・レモン果汁は絞っておく

・レモンクリーム用のグラニュー糖とコーンスターチは一緒に合わせておく

タルト生地

  • 1
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    タルト生地用のバターをホイッパーでクリーム状にし、そこへ粉糖、塩を入れよく混ぜる。

  • 2
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    1に室温に戻してよく溶いた全卵を数回にわけて少しずつ入れ、ホイッパーでよく混ぜ合わせる。

  • 3
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    2にふるっておいた薄力粉、アーモンドプードルを入れ、ゴムベラで切るように混ぜ合わせる。

  • 4
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    3の粉っぽさがなくなったらゴムベラやカードで生地を集め、上から押さえるように手早くまとめる。

  • 5
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    生地がひとまとまりになったら2等分してラップで包み、冷蔵庫で最低1時間以上休ませる。できれば半日ほど休ませる。
    ※1個は余るので冷凍できます。

  • 6
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    休ませた生地を麺棒がかけられる程度の固さになるまで5~10分程度室温におき、ラップとラップの間ではさみ、麺棒で3mm程度の厚さにのばしていく。
    ※この時アクリルルーラー3㎜があると便利です。
    ※ここで本来はピケローラーをしますが、シルパンで焼く際は使いません。

  • 7
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    生地の片方のラップを取り、ラップをしていない面を型に敷きこみ、ラップの上から指で生地を型に押してタルト型にぴったり敷きこむ。

  • 8
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    型から出た余分な生地は麺棒を転がして取り除き、ラップを取り外し、冷蔵庫でさらに1時間以上休ませる。(ここまで、前日までにしておくと楽です)

  • 9
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    休ませた8のタルトを180度で20分ほど空焼きします。
    ※シルパンで焼かない場合は工程12参照

  • 10
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    15分ほど経過して画像のように薄ら焼き色がついたら、一旦取り出し溶き卵を刷毛で塗って再度オーブンへ入れさらに5分ほど焼きます。

  • 11
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    画像のように焼けたらケーキクーラーの上で荒熱を取ります。

  • 12
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    シルパンを使わない場合
    休ませたタルトにベーキングペーパーを敷き、タルトストーンを乗せて180度のオーブンで10分焼き、タルトストーンをベーキングシートごと外し、再びオーブンで10分空焼きし、溶き卵をタルトの内側に刷毛で塗ってさらに3分~5分焼く。うっすら焼き色がついたらオーブンから出して粗熱を取る。
    ※別の型ですが、やり方の見本です。

  • 13
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    シルパンを使うと、ピケなしでタルトストーンなしでも生地が浮くことなく、綺麗にさっくり焼き上がります。画像は裏面です。

レモンクリーム

  • 1
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    卵はボウルに入れ、からざなどを取り除きよく溶きほぐしておく。レモンクリーム用の細目グラニュー糖とコーンスターチを混ぜてダマになるのを防ぎます。

  • 2
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    1の全卵の入ったボウルに1の細目グラニュー糖、コーンスターチ、レモン汁を入れ混ぜ合わせる。

  • 3
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    2を小鍋に移しさいの目にカットしたバターを入れて中火にかける。

  • 4
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    画像のようにとろみがついたら火からおろす。

  • 5
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    4にデカイパー シトロン ジュネヴァを入れてホイッパーでよく混ぜる。

  • 6
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    5を氷水が入ったボウルに底を当て、荒熱を取る。

イタリアンメレンゲ

  • 1
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    ボウルに常温の卵白と細目グラニュー糖を入れ柔らかい角が立つくらいに8割ほどハンドミキサーで泡立てる。

  • 2
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    メレンゲを泡立てると同時に取っ手がついたカップにシトロンジュネバ、細目グラニュー糖を入れ、レンジ600Wで1分40~50秒ほど加熱し118度に加熱する。
    この時温度計があれば温度を確認してください。
    ※シトロンジュネバがない場合は水で。
    シトロンを使うとメレンゲ臭さがなくなります。

  • 3
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    一人で作業する際は下に滑り止めマットを敷いて、ボウルが動かないようにしてハンドミキサーを回しながら2の118度に加熱したシロップを糸が垂れるようなイメージでメレンゲの中に注ぎながら撹拌する。
    ※商品コード:081652のパンマットが滑りづらくておすすめです。

  • 4
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    ボウルの底が熱くなくなくなるまで撹拌してツヤツヤのメレンゲが出来たら完成。ここでさらにシトロンジュネバを香りつけに3gほど入れて混ぜ合わせ使うとよりさわやかです。

組立

  • 1
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    レモンクリームをそれぞれのタルトに入れて表面を綺麗にならす。

  • 2
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    1の上に商品コード:080193 のドロップフラワーチップをつけた絞り袋にメレンゲを入れてバラを6つ周りに絞って、センターに1つ絞る。

  • 3
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    または商品コード:088691の12切10の口金を付けた絞り袋にめレンゲを入れて画像のようにしずくに絞り、粉糖を2回に分けて振りかける。粉糖をふってから焼くことで外側がカリっとした食感になります。

  • 4
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    220度に余熱したオーブンに粉糖を2回ふるったタルトを入れて4~5分程度表面を焼く。

  • 5
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    同上

  • 6
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    イタリアンメレンゲが余るので、別の天板にオーブンシートを敷いて、画像のように絞り出し、100度のオーブンで80分~90分乾燥焼きする。サクサクの焼きメレンゲができます。
    メレンゲは大変湿気に弱いので焼きあがって荒熱が取れたらすぐに密閉容器に入れて保存します。

  • 7
  • キュンと甘酸っぱいレモンタルト

    焼きメレンゲとレモンタルトの出来上がり。

このレシピの材料

数量:12cm1つと6cm1つ

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
citrus_ykさん
2017/5/4
あいりおーさんのレモンタルト見た時から作ってみたくて、レシピ待っていました(*ˊᵕˋ*)レモンタルトもイタリアンメレンゲも初挑戦でしたが、とっても爽やかで美味しくて、家族にも喜んでもらえて大満足です♡タルト生地がもう1回分あるのも嬉しいです(*´艸`)次はメレンゲの絞りももう少し上手くできるよう頑張ります!美味しいレシピありがとうございました♡
あいりおーさん
2017/5/8
citrus_ykさん こんにちは^^私のレモンタルト見て作ってみたいと思っていただけてとっても嬉しいです♪イタリアンメレンゲが初めてとは思えないくらいとってもお上手です♪ご家族の皆さんに喜んでもらえると嬉しいですよね♪それを聞けた私もとても嬉しいです♪メレンゲの絞りもとっても綺麗ですよ~♪あと1回分も焼くの楽しみですね♪いつも作ってくださって、嬉しいコメントありがとうございます♪

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

あいりおーさんのレシピ一覧

みんなの新着レシピ





おすすめ PICK UP!

トップへ