税抜6,000円以上のご購入で送料無料 ・クール便手数料無料、税抜6,000円未満は各540円が加算されます。

「パウンドケーキ」失敗から学ぶ!成功するお菓子レシピ

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

"失敗"から学ぶ、
成功する基本のお菓子
vol.3 パウンドケーキ
第3回目は、日々のおやつやプレゼントにもぴったりの
「パウンドケーキ」です。バターの風味が良く人気が高いですが

「膨らまない」「生焼けになる」

という失敗も多いですよね。失敗の原因と作り方のコツを学び、
絶品パウンドケーキを作りましょう!

膨らまない原因

固くなる
  1. ・卵が冷たかった
  2. ・小麦粉をふるっていない
  3. ・オーブンの温度が低い
  4. ・焼き時間が短い
  5. ・バターがしっかりホイップ出来て
    いない

生焼けの原因

広がる
  1. ・オーブンの温度が低い
  2. ・焼き時間が短い
  3. ・生地が分離してしまった
  4. ・混ぜが足りず、卵とバター生地が
    十分に乳化していない
  5. ・小麦粉を入れてから混ぜすぎた
失敗しないパウンドケーキのレシピ
所要時間:約2時間(焼き時間含む)
日持ち期間:常温で1週間

18×8㎝のパウンド型1台分

  1. 無塩バター 100g
  2. 細目グラニュー糖 90g
  3. ・全卵 85g
  4. 薄力粉(スーパーバイオレット) 100g

下準備

1.バターを室温に戻しておく。

冷蔵庫から出したてのバターは固く、ほかの材料と混ざらないため室温に戻しておく。
(指で押して抵抗なくへこむくらい)

【 失敗の原因はここ! 】

バターをクリーム状にするときに固いと空気を含むことが出来ない為、膨らみが悪くなる。

2.粉をふるう。

ダマや、不純物を取り除き、粉に空気を含ませるために必須。

【 失敗の原因はここ! 】

粉類をふるわないと生地と均一に混ざりにくく、ダマが出来たり硬い食感の生地になる。

3.オーブンを180℃に予熱する。

予熱設定したらすぐに焼かずに、5分くらい経過してから入れることで、庫内の温度が均等になり、扉を開けても温度が下がりづらくなる。

【 失敗の原因はここ! 】

予熱が不十分だと生地が膨らまず、生焼けになる。

4.全卵を常温に戻し、ほぐしておく。

白身のこしを切るように混ぜ、サラサラにしておく。

【 失敗の原因はここ! 】

バターに全卵を加えるときに、卵が冷たいままだと分離してしまう。

作り方

- 1 -

ボールにバターを入れ、ゴムべらでクリーム状になるまで混ぜる。グラニュー糖を加えよくなじませる。

  1. ・ボールにゴムべらを押し付けるように混ぜる。
  2. ・均一に混ざるようにする。
    (ざらつきは多少残っても良い。)

-2-

ハンドミキサーの中速で5分~6分泡立てる。(途中でまわりの生地を集めながら混ぜる)

  1. ・白っぽいクリーム状になり、ふわふわになるまで泡立てる。
  2. ・時間はタイマーで正確に計る。

- 3 -

卵を4回に分けて加える。その都度ハンドミキサーで3分ずつ泡立てる。

  1. ・よくほぐした卵を少しずつ加えてしっかりと混ぜる。
  2. ・バターのかさが2倍になり、つやが出るまで混ぜる。

【 失敗の原因はここ! 】

卵を1度に加えたり、混ぜ方が足りないと分離して、膨らまない原因となるので注意する。

- 4 -

ふるっておいた薄力粉を一度に加え、ゴムべらで切るように混ぜ、粉気がなくなったらつやのある滑らかな生地になるまで混ぜる。

  1. ・粉気がなくなってからは、底から生地をゴムべらですくい、手を返すように落とし混ぜる。

【 失敗の原因はここ! 】

混ぜが足りないと粉気が残るが、
練って混ぜ過ぎるとグルテンが出て固い食感の原因になる。

- 5 -

パウンド型に生地を入れ表面をならし、数回打ち付けて余分な空気を抜く。
中央をへこませるように、表面をならし両端を高くする。

  1. ・20センチくらいの高さから落とす作業を3回は繰り返す。
  2. ・生地の重みで両端の敷紙が沈まないように紙を
    引っ張る。

- 6 -

天板に生地を入れたパウンド型を置き、表面全体に水を霧吹きして、170℃のオーブンで40~50分焼く。
焼きあがったら20センチの高さから落とし、焼き縮みを防ぐ。

  1. ・霧吹きをすることにより、生地表面の乾燥を防ぎ、ふっくらと焼きあがる。
  2. ・砂糖ぶしという白い斑点を出来にくくする。
  3. ・粗熱が取れたら型から外し、ケーキクーラーに
    のせて冷ます。

【 失敗の原因はここ! 】

表面の膨らみと焼き色を目安に、竹串を刺し生の生地がついてこないか確認する。
必要以上に長時間焼くと食感がぱさつき固くなる。

簡単アレンジ

アレンジ方法

ミックスフルーツと、 ローストしたくるみを加えたフルーツケーキを焼き、 ※シロップを打ちカットしたものをに入れ シーラーをする。 シールを貼り袋に入れ リボンをかける。

<分量>
【フルーツパウンドケーキ】
  バター     100g    ミックスフルーツ 100g
  グラニュー糖   90g    くるみ       30g
  全卵       85g    薄力粉      100g
【シロップ】
  グラニュー糖   15g    ラム酒(他のお酒でも可) 25g
  水        30g

※ グラニュー糖、水を鍋に入れ火にかけ沸騰したら冷ましラム酒を加える。粗熱の取れた
  パウンドケーキの全面にはけでたっぷり塗る。塗った後はラップなどで密封する。

卵とバターが香る、ふんわりしっとり美味しい「パウンドケーキ」。
バターや粉の混ぜ方、焼き方に失敗の原因が潜んでいましたね。
今回学んだちょっとしたコツとポイントをおさえて作れば、
絶品パウンドケーキがご自宅で楽しめます!
プレーン生地をベースにフルーツやナッツ、チョコレートなどと合わせて
オリジナルパウンドケーキ作りにも、ぜひ挑戦してみてください。

次回のテーマは、バターを使わずヘルシーで人気も高い「シフォンケーキ」です。
「底上げしてしまう」「焼き縮む」などのよくある失敗原因について詳しくポイント解説。
ふわふわで口溶けの良い、軽い食感のシフォンケーキ作りを習得しましょう!
このレシピで使用する材料・道具

「"失敗"から学ぶ、 成功する基本のお菓子」の監修

料理教室講師/フードプランナー
石川さくら
地元の洋菓子店、イタリア料理店を経て東京へ。
京都に本店を持つイタリアンなどで勤務した後、和食や洋菓子などのメニュー開発、
レシピ提供等を手掛ける。
現在、大阪市内のレストランに勤務する傍ら、簡単に作れるカジュアルな料理と
お菓子の教室「mamma kitchen」を主宰。

おすすめ PICK UP!

トップへ