税抜6,000円以上のご購入で送料108円 ・クール便手数料108円、税抜6,000円未満は各648円が加算されます。

「芋きんつば」クリスティーナ

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

芋きんつば

芋きんつば
サツマイモの形のきんつばをつくってみました。しっとりしたお芋の生地ともちもちの皮がとてもおいしい組み合わせ。今回は上等な鳴門金時と和三盆を使用して上品な甘さにこだわりました。皮には紫芋の粉を入れて本物の焼きいもに見えるようにしました。

作り方

  • 1
  • 芋きんつば

    鳴門金時を準備する。

  • 2
  • 芋きんつば

    鳴門金時の両脇をカットして輪切りにする。

  • 3
  • 芋きんつば

    竹串が通るまで茹で、ざるにとる。

  • 4
  • 芋きんつば

    熱いうちに皮をむき、ボールに入れ和三盆と塩を加える。

  • 5
  • 芋きんつば

    ボールに移しゴムべらで粒を残しながら軽く滑らかにしながら和三盆と合わせていく。混ざったら生クリームとバターも加える。(鳴門金時は繊維が少ないので裏漉す必要がないですが、繊維の多いタイプのサツマイモを使用する場合は裏ごした方がいいです。その場合はなめらかな生地になります。)

  • 6
  • 芋きんつば

    全体が混ざり生地の完成。粒感が残った状態。

  • 7
  • 芋きんつば

    約20gに分けサツマイモの形に成形する。

  • 8
  • 芋きんつば

    皮を作る。
    小麦粉、白玉粉、紫芋の粉、砂糖を合わせて水を加え、l漉して生地を作る。

  • 9
  • 芋きんつば

    芋生地の中央に生地を付けてごま油を薄く塗り弱火に熱したフライパンで焼いていく。中央を転がすようにして乾かすように表面をちりめん状に焼いていく。

  • 10
  • 芋きんつば

    センターが焼けたら両側も焼く。片方づつ生地を付けてフライパンに転がして焼き目を付けていく。

  • 11
  • 芋きんつば

    両側にも焼きめが付いた状態。
    最初は一つづ、コツをつかみ慣れてきたら同時に複数できるようになる。

  • 12
  • 芋きんつば

    完成。本物のサツマイモに見えます。

  • 13
  • 芋きんつば

    出来上がり。

  • 14
  • 芋きんつば

    断面。皮がモチモチしていて中がしっとりしています。
    日持ちはしませんので常温で当日、冷蔵庫で翌日で食べきってください。冷蔵で表面が固くなったらオーブントースターでこげないように軽く焼いて召し上がってください。

このレシピの材料

数量:約30gのもの20~22本くらい

使用する道具

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
きんつばさん
2017/11/12
分量を半量で、大きさ2倍で作りました。
焼き芋みたいな見た目がいいですね!

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

クリスティーナさんのレシピ一覧

みんなの新着レシピ





おすすめ PICK UP!

トップへ