税込4,300円以上のご購入で送料無料!

11/29(月)16:00まで

法人のお客様へ

会員登録

友だち追加数

法人のお客様へ

プロの仕事 cattaがお送りする超豪華連載企画! catta限定の特別レシピも同時に配信します。

志賀勝栄
取材記事③ 音楽家は音符で、僕はパンで思いを伝える
アートコーヒーに12年間勤めた後、代官山に新しく出来た『カフェ・アルトファゴス』の存在を同僚づてに知り、オープニングスタッフとして籍を移した。

「ベーカリーカフェは、その頃まだ珍しいスタイルだったんです。新しいスタイルで何が出来るかということを考えながらやってみました。その際、料理人と一緒に仕事をすることで多くを学びましたね。例えば『今日、偶然安くていいものが入ったから、ランチに使おう』『こういうフルーツがあるんだけど、パンで何か出来る?」そういう、ある程度のレベルのものがその場でパッと出来る即興性。何度もテストして1ヶ月ぐらいしないと商品が出ないというのとは違う。素材に対する理解度があるか無いかの違いだと思うんですが。
それまでは『師匠のパンと同じものを作る』ということが僕にとって一番の命題でしたから、再現性が問題だったので独創的なものを作るということはあまりなかった。そのおかげで基礎力を身につけられたとは言えますが、素材についてもっと学ばなければと思い、素材の勉強を始めました」

3年後にヘッドハンティングでユーハイムに入社した頃は、レシピを書き出して、テストベーキング無しで商品化出来る「即興性」が身についたという。 ユーハイムでは故・安藤明さんがシェフパティシエとして意欲的な商品を作り出していた。パンの部門でも職人気質で気鋭の人材が求められ、志賀さんに声がかかったというわけだ。



 ▼この続きをご覧頂くには、会員登録(無料)が必要です。
新規会員登録

 



おすすめ PICK UP!

【連載企画】cotta徹底取材!プロの仕事 志賀勝栄 取材記事3

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税込
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
在庫切れ
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る