7,500円以上のご購入で送料無料!

12/5(月)16:00まで

法人のお客様へ
_

プロの仕事 cattaがお送りする超豪華連載企画!catta限定の特別レシピも同時に配信します。

島田進/Susumu Shimada
取材記事① 第一線で輝き続ける理由

日本人フランス菓子職人のパイオニアのひとり、東京・麹町「パティシエ・シマ」の島田進シェフ。そのキャリアはすでに半世紀以上になる。70歳を超えた今も変わらず精力的に活動を続ける、まさにレジェンドのような存在だ。

「日本に本物のフランス菓子を広めたアンドレ・ルコント氏の片腕」「クレーム・アンジュやクレーム・ブリュレ、生チョコを国内に広めた先駆者」「2005年、フランス政府より『農事功労章シュバリエ』を受勲」など、島田シェフのプロフィールに並ぶ文字は、そのまま日本におけるフランス菓子史の一部になる。

2017年には、厚生労働省が各分野の卓越した技能者を表彰する『現代の名工』にも選出。数々の受賞歴については「ほとんど(取り組んできたことに対する)結果の話ですからね」とあっさりした口調で話す。

「私と河田さん(「オーボンヴュータン」の河田勝彦シェフ)が、同じくらい古い洋菓子職人だと思います。僕が若い頃は“パティシエ”と呼ばれる職業はなくて、お菓子を作る人はパン屋さんや洋菓子屋さんの“職人”という位置づけでした。街の職人にはなりたくなくて、絵の勉強をしながら神戸の洋菓子店で働いていたのですが、フランス人の方が六本木に洋菓子店を開いたと聞き、『ぜひ働かせてください』と手紙を出しました」


▼この続きをご覧頂くには、会員登録(無料)が必要です。
新規会員登録


おすすめ PICK UP!

【連載企画】cotta徹底取材!プロの仕事 島田進先生 取材記事1

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税込
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
在庫切れ
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る