税込6,500円以上のご購入で送料無料!

2/6(月)16:00まで

法人のお客様へ
_

プロの仕事 cattaがお送りする超豪華連載企画!catta限定の特別レシピも同時に配信します。

島田進/Susumu Shimada
取材記事② 経験に裏打ちされた、巧みなリキュール使い

島田進シェフのお菓子は、卓越した洋酒使いも特長のひとつ。パティシエ・シマで一番人気のタルト『タルト・フレーズ』の味を左右しているのも、サクランボのブランデーのキルシュだと話す。フランスから帰国後、シェフ・パティシエを務めた銀座の「マキシム・ド・パリ」の大ヒットケーキ『ナポレオンパイ』も、当時では珍しかったフルーツの味を生かし、キルシュを利かせたいちごのミルフィーユだ。

「シンプルな『タルト・フレーズ』も、リキュールを少し入れるだけでグッと美味しくなります。僕が帰国した頃の日本は、フランス的なテイストが好まれた時代。日本で入手できる洋酒はすごく少なかったので、買えないものは自分で個人輸入していました。

洋酒は値段も高く、お菓子に使うのは原価的に見てもとても贅沢なこと。でも、お酒を入れることで、従来の美味しさの基準を超えるインパクトを与えることができました。当時のお菓子を食べたご年配の方たちの舌にはその味が染みついているので、今でもお酒の入ったお菓子を食べると『なつかしい』『美味しい』っていう印象になると思います。

今考えると、当時のお菓子はそれほどすごいものではなかったけれど、そういったスピリッツが入っていた気がしますね」

そんな島田シェフが、とても大切にしているお酒がある。オレンジのリキュール「グランマルニエ」だ。師匠のルコント氏が大好きだったお酒で、島田シェフにとっても思い出深いものだという。



▼この続きをご覧頂くには、会員登録(無料)が必要です。
新規会員登録


おすすめ PICK UP!

【連載企画】cotta徹底取材!プロの仕事 島田進先生 取材記事2

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税込
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
在庫切れ
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る