cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

富士山プリン

富士山プリン

松永製作所さんの富士山プリン型小を2つ使った食べきりプリンレシピです。


下準備

・カラメル用の熱湯を量っておく
・卵は室温に出しておく
・プリンカップに分量外の無塩バターを薄く塗っておく
・オーブンは160度に予熱しておく

カラメル

  • 1

    鍋にカラメル用の細目グラニュー糖と水を入れて中火にかける。

    富士山プリン
  • 2

    だんだんカラメルの香りがして色づいてきます。
    余熱でも火が入ってしまうので理想の色の一歩手前で火を消します。

    富士山プリン
  • 3

    準備しておいた熱湯を入れます。その際お湯が跳ねるので鍋にアルミホイルをかぶせ、隙間を1cmほどあけ、その隙間からお湯を入れてアルミをかぶせたまま鍋をゆするとカラメルが飛び跳ねることを避けることができます

    富士山プリン
  • 4

    3が熱いうちに薄く無塩バターを塗ったアルミプリンカップに等分に注ぐ

    富士山プリン

作り方

  • 1

    ボールに細目グラニュー糖と全卵を入れてすり混ぜる。
    ※あらかじめ卵のからざなどは取り除いておくとあとで濾すときに濾し器がつまらなくて済みます。
    ※冷蔵庫から出したての卵はプリン液の温度が下がるので常温に戻してくださいね。

    富士山プリン
  • 2

    牛乳と生クリームを鍋に入れて50度くらいに温める。この時の温度は触れるけど、熱いと感じるくらいです。1のボールに温めた牛乳と生クリームを入れて泡立てないようによく混ぜ合わせる。
    ※牛乳を温め過ぎると膜がはってしまうので注意

    富士山プリン
  • 3

    2を茶こしで濾す。
    ※面倒な作業ですが、濾す作業をすることでなめらかな口当たりとできてしまった気泡も取り除けます。

    富士山プリン
  • 4

    そのままでも焼成できるのですが、先が細く不安定なので底の面積が広めのプリンカップに入れて焼いたり、アルミホイルでプリン型が動かないようにするとプリン液がこぼれにくいです。

    富士山プリン
  • 5

    プリンカップが入るバットやスクエア型など(ここでは15㎝スクエア型)に50度程度のお湯をカップの高さの半分程度入れプリン液を入れたカップを入れ160度に余熱したオーブンを150度に下げ25前後蒸し焼きする。
    ※オーブンによって加熱時間や温度は微調整してくださいね。
    ※プリンカップ以外で支える場合は下に布巾を敷いて直接熱が伝わるのを防ぎます。

    富士山プリン
  • 6

    プリンの蒸し上がりの目安はカップをゆすって全体的に同じ揺れ方を少しすればOK。真ん中だけ激しく揺れるようだとまだ火が入っていません。その時は再度150度で様子をみながら加熱します

    富士山プリン
  • 7

    よく冷めたら軽く濡らしたスプーンの背でカップと接している生地の部分を押さえながら1周させます。皿にプリンを乗せて両手で型と皿を持ち、お皿を持ったままくるっとまわすと遠心力でプリンを型から外れます

    富士山プリン

このレシピの材料

数量:松永製作富士山プリン型小2個分

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

あいりおーさんのレシピ一覧

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「富士山プリン」あいりおー

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税抜
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る