5,900円以上ご購入で送料無料! - 7/26(金)16:00まで

生チョコクッキー

まるで生チョコのような食感のクッキーです。
短時間で焼き上げるため、事前にオーブンで加熱して火を通しておいた薄力粉を使用します。
焼成時間が肝なので、均一な厚みと大きさにそろえオーブンの前で見守りながら焼いてみてください。
また、スイートとホワイトで配合が違いますので気を付けて下さい。

バレンタインクッキーレシピ特集はこちら

【所要時間目安:40分】

注:レシピの転用・掲載などの二次利用はお断りしております。
また、所要時間に焼成・発酵・生地をねかす・冷やす時間などは含みません。


スイート、ホワイト共に同様の手順になります

  • 1

    薄力粉を140度に予熱しておいたオーブンで30分焼成する。
    (火の通っていない薄力粉は、食中毒の危険性があるためです。)
    加熱後よく冷ましてふるい、スイートは50g、ホワイトチョコは38gの薄力粉を使用します。
    使いたい薄力粉の分量よりも15g程度多く空焼きすると足りると思います。

    生チョコクッキー
  • 2

    チョコレートとバターを合わせて50~60度程度の湯煎で溶かす。
    スイートはカカオ分が高いと苦みが出やすいため、カカオ分55%前後がおすすめです。

    生チョコクッキー
  • 3

    スイートの方は溶かし終わった後流動性がありますが、ホワイトの方はあまり流動性がありません。

    生チョコクッキー
  • 4

    冷めた小麦粉をふるい、スイートは50g、ホワイトは38g加えて混ぜる。
    続いて塩も加えて混ぜる。

    生チョコクッキー
  • 5

    温度が下がってきて、成形しやすい固さになるまで待つ。
    暑い時期は冷蔵庫に入れてもよいですが、ほんの一瞬で固まり始めるので注意して下さい。寒い時期は冷蔵庫に入れなくても、ゆっくり混ぜていると固くなってきます。

    生チョコクッキー
  • 6

    こんな風にヘラにくっついて落ちないくらいの固さになれば、すぐに成形にうつる。

    生チョコクッキー
  • 7

    OPPシートなどのフィルムの上に取り出し、大まかに手で棒状に整えたらドレッジで生地を締めて、手早く直径3㎝の棒状に成形する。
    寒い時期はこのまま室温に置いておくとすぐに固まります。
    ホワイトの方が柔らかいので、固まりづらければ少し冷蔵庫に入れて調整してください。

    生チョコクッキー
  • 8

    まだ少し柔らかさが残る状態で1㎝幅にカットする。
    カチコチに固まってしまうとボロボロ崩れやすくなってしまうため、こまめに触ってみて状態を確かめて下さい。

    生チョコクッキー
  • 9

    オーブンシートに並べる。
    スイートとホワイトは焼成時間が異なるので、同じオーブンシートに乗せて焼かないようにしてください。

    生チョコクッキー
  • 10

    170℃に予熱しておいたオーブンで、スイートは6分、ホワイトは4分焼成。(残り1~2分で天板の向きを差し変えてください。)
    表面に濡れた感じがなく、乾いた状態になっていたらOKです。ホワイトは、焼き色がつくギリギリ手前がベストです。
    ※焼成温度や時間はあくまで目安です。目で確かめながら調整して下さい。
    焼きたては崩れやすいので、しっかり冷まし、一旦冷蔵庫で冷やしてから移動させてください。

    生チョコクッキー
公開日:2023/12/25 最終更新日:2023/12/25

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
${corepo.comment_nickname}さん
${corepo.reg_time_cm}
${corepo.comment}
コメントありがとう

0/1000

※ 絵文字は使用できません。
写真
kaikoさん
${corepo.reply_time_cm}
${corepo.reply}

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

\SNSでシェア/

 

kaikoさんのレシピ一覧

その他のクッキーのお気に入り数ランキング

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「生チョコクッキー」kaiko