5,900円以上ご購入で送料無料! - 2/26(月)16:00まで

苦みを抑えたレモンジャム

苦み少なく、さわやかな甘酸っぱさと香りはしっかりと!レモンのおいしさがぎゅっと詰まったレモンジャムです。

飲み物、スイーツ、お料理、色々なシーンで使うことができますよ。

【所要時間目安:15分】

注:レシピの転用・掲載などの二次利用はお断りしております。
また、所要時間に焼成・発酵・生地をねかす・冷やす時間などは含みません。


下準備

レモンを洗い、水気をふく。
(無農薬でないレモンを使う場合は、レモンを熱い湯に1分ほどつけたのち、食器用中性洗剤で洗い、お湯でよくすすぐ)

作り方

  • 1

    レモン皮の黄色部分のみナイフで削ぎ取る。
    (白い部分は極力とりのぞく)

    苦みを抑えたレモンジャム
  • 2

    鍋に水と黄色のレモン皮を入れ、ぐつぐつと沸かす。

    苦みを抑えたレモンジャム
  • 3

    沸いてすこしたったら火を止めて、ざるにあける。
    これを2回繰り返す。

    苦みを抑えたレモンジャム
  • 4

    水気を切った皮を包丁で細くカットする。

    苦みを抑えたレモンジャム
  • 5

    レモンの果肉を皮からナイフで外し、皮から果汁を絞り出して重さを計る。
    (今回は約100gでした)

    苦みを抑えたレモンジャム
  • 6

    果肉の重さをもとにグラニュー糖、ペクチンを計算し、量る。

    量ったグラニュー糖の小さじ1杯分程度をペクチンに入れ、均一になるまで混ぜ合わせておく。
    (今回はグラニュー糖は50g、ペクチンは5gでした)

    苦みを抑えたレモンジャム
  • 7

    鍋にレモン果肉、レモン皮、グラニュー糖を入れ、中火にかけてゴムベラで絶えず混ぜ加熱する。(2分程度)

    アクが中心に集まったタイミングで1回アク取りする。

    苦みを抑えたレモンジャム
  • 8

    火を止め、グラニュー糖とあわせたペクチンを全体に振り入れる。

    再度火にかけゴムベラで絶えず混ぜながら加熱する。(1分程度)

    苦みを抑えたレモンジャム
  • 9

    火を止めて、容器に移し、冷ます。

    (氷水などで急冷すると、味も引き締まり一層美味しくめしあがれます)

    作って冷蔵庫に保管。翌日以降が酸味が落ち着いて食べごろ。

    苦みを抑えたレモンジャム
  • 10

    (補足)甘さをもっと増やしたいときは完成したレモンジャムにお好みではちみつや水あめを加えると良い。

    ※今回の作り方で砂糖だけ大量に増やすと、レモン皮が固くなってしまい食感がわるくなるので注意が必要。

    苦みを抑えたレモンジャム
  • 11

    cottaコラム「苦くないレモンジャムのレシピ【レモン2個使用】」もぜひご覧ください。
    レシピのポイントや、おすすめの食べ方についてもお話ししています。

公開日:2024/1/9 最終更新日:2024/1/9

このレシピの材料

数量:80ml容器1個分

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
${corepo.comment_nickname}さん
${corepo.reg_time_cm}
${corepo.comment}
コメントありがとう

0/1000

※ 絵文字は使用できません。
写真
みのすけさん
${corepo.reply_time_cm}
${corepo.reply}

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

みのすけさんのレシピ一覧

ジャム・コンフィチュールのお気に入り数ランキング

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「苦みを抑えたレモンジャム」みのすけ