税抜6,000円以上のご購入で送料無料!

9/24(火)16:00まで

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

琥珀糖 コハクトウ

琥珀糖 コハクトウ

その昔、冷蔵庫もない、
そして、砂糖が貴重とされていた時代、この「琥珀糖を一口含む」と想像してみました。

まずはシャリっとした食感。
その後に訪れる口どけに感動し、浸透するような甘味に感動するかもしれないと思いました。
昔の人が考えた半生菓子は、作ってみると本当に素敵なお菓子でした。

まるで宝石の原石のようなシーグラスのような美しい琥珀糖。
現代風に?ちょっぴり爽やかさをプラスしたミント味にしてみました!
どうぞお楽しみください。


琥珀糖の作り方

  • 1

    鍋に寒天と水を入れて煮溶かしたら、砂糖も加え混ぜ溶かす(基本強火で作業しますが、鍋や火力によっては中火で行うこともあり)。

    琥珀糖 コハクトウ
  • 2

    絶えず混ぜながらブクブクと煮立てる。

    琥珀糖 コハクトウ
  • 3

    細く糸を引くようになったら、ミントシロップも加え、もうひと煮立ちさせる。

    琥珀糖 コハクトウ
  • 4

    バットに流し入れ、竹串などで色素を加える。

    琥珀糖 コハクトウ
  • 5

    竹串をぐるぐる回しながら着色するとグラデーションができる(混ぜ過ぎない)。
    ひとつのバットにいろいろな色を加えても綺麗。

    琥珀糖 コハクトウ
  • 6

    固まったらカットして(型抜きも可愛い)広げて冷蔵庫や風通しの良い日陰で数日乾かす。

    琥珀糖 コハクトウ
  • 7

    周りが結晶化し、べとつかなくなったら出来上がり。

    琥珀糖 コハクトウ
  • 8

    シャンパングラスなどに入れたら完成です。

    琥珀糖 コハクトウ
  • 9

    型抜きしたものとカットしたもの。

    琥珀糖 コハクトウ
  • 10

    ラッピングをすると、こんな感じに仕上がります。

    琥珀糖 コハクトウ

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
かずママさん
2017/7/3
以前から気になっていた琥珀糖についにチャレンジしました!!粉寒天がなかなか溶けなかったり、着色が難しかったりと紆余曲折したものの、何とか形になりました。次回は寒天液を分けてそれぞれ着色してからひとつに混ぜて作ってみようかと思っています。

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

sarajyaさんのレシピ一覧

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「琥珀糖 コハクトウ」sarajya

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税抜
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る