税抜6,000円以上のご購入で送料分ポイント還元!

5/23(木)16:00まで

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

昭和の黄色モンブラン

昭和の黄色モンブラン

どこか懐かしい味わいのモンブランです。


下準備

オーブンを180℃に余熱しておく。

カステラ風スポンジ

  • 1
  • 卵、上白糖、蜂蜜をホイッパーで混ぜて、湯せんにあてて35℃まで温める。

  • 2
  • 昭和の黄色モンブラン

    ハンドミキサーの高速で5分、低速で3分混ぜる。高速でより多くの空気を取り込み、低速で気泡のサイズを細かく整える。

  • 3
  • 昭和の黄色モンブラン

    ふるった粉を加え、60回程度混ぜる。
    油を加え、ムラが無いよう混ぜる。
    紙をひいた型に生地を流し、170℃18分程度焼成する。
    オーブンから出したら軽くショックを与え、型から出し冷やす。

  • 4
  • ※マフィン型は6個どりで1個入らないので、アルミのプリンカップなどに1個マフィンカップをしいておいて使用する。

カスタードクリーム

  • 1
  • 昭和の黄色モンブラン

    牛乳を火にかける。ボールに卵黄、グラニュー糖を入れすり混ぜて、ふるった薄力粉を加える。

  • 2
  • 昭和の黄色モンブラン

    沸騰した牛乳をほかの材料を混ぜていたボールに入れ混ぜ、濾しながら鍋に戻して、ゴムベラで混ぜながら中火で炊く。(鍋に牛乳の膜が張っていたら軽く洗って落とすとよい。)

  • 3
  • 昭和の黄色モンブラン

    全体が沸騰してつやが出たら火を止め、バットの上に広げたラップの上に流す。ラップで覆い密閉して冷蔵庫で急冷する。

  • 4
  • 完全に冷えたらボールに移す(きれいに炊けていたらラップからつるんとはがれる、くっついていたら加熱不足)。ゴムベラで混ぜてコシを切り、滑らかな状態にして絞り袋に入れる。(ビニール絞り袋であれば先を少し切って口金ない状態で使用してもよい。布製の場合は丸口7番程度の口金を用意する)

マロンクリーム

  • 1
  • 昭和の黄色モンブラン

    マロンペーストをハンドミキサーで混ぜながら、生クリームを少しづつ入れて白っぽくなるまで混ぜる。(フードプロセッサーがあれば全部の材料を入れ、混ぜるとすぐにできる。)

  • 2
  • モンブラン口金のついた絞り袋に入れる。
    (もしあれば、少し固いクリームなので布製の絞り袋に入れると作業がやりやすい)

仕上げ

  • 1
  • スポンジの真ん中に口金などでくぼみを軽くつけ、カスタードを絞る。立てた生クリームを8グラム程度絞り、その上をモンブランクリームで覆う。粉砂糖を振る。甘露煮を半分に切ったものを乗せて、艶出しナパージュを塗る。

このレシピの材料

数量:マフィン型6個分

  • カステラ風スポンジ
  • 全卵 … 2個
  • 上白糖 … 50g
  • 蜂蜜 … 10g
  • 薄力粉 … 50g
  • 太白ごま油 … 10g

使用する道具

  • 泡立て器
  • ボール
  • ゴムベラ(耐熱性)
  • ふるい
  • バット
  • 絞り袋
  • 丸口金
  • モンブラン口金
  • マフィン型
  • マフィンカップ

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

みのすけさんのレシピ一覧

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「昭和の黄色モンブラン」みのすけ

トップへ