5,900円以上ご購入で送料無料! - 4/19(金)16:00まで

ピスタチオのケーキ マルグリット型で

ピスタチオのペーストを使って作る、シンプルな焼き菓子です。

アクセントに、ラズベリーペーストを挟んで。
今回は仕込んでいますが、市販のジャムでもOKです!

【所要時間目安:60分】

注:レシピの転用・掲載などの二次利用はお断りしております。
また、所要時間に焼成・発酵・生地をねかす・冷やす時間などは含みません。


下準備

・薄力粉・アーモンドパウダーは、それぞれふるっておく。
・耐熱ボウルにピスタチオペースト・バター・牛乳を一緒に入れておく。
・湯せん用のお湯を用意しておく。
・オーブンは、200℃に予熱しておく。
・シロップを作っておく→グラニュー糖10gに熱湯30gを注いでよく混ぜ溶かし、粗熱がとれたらキルシュを加えておく。

型の準備

  • 1

    溶かした無塩バター(分量外)を刷毛で型の内側全体に塗ります。
    特に、角のところを丁寧に塗ってください。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 2

    強力粉(分量外)を茶こしなどで振りかけ、まんべんなく型にまぶします。
    一度紙の上などで型をひっくり返してトンと軽く打ち付け、余分な粉を落とすとよいです。
    全体に均一に粉がついていたらOK!

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で

ケーキを焼く

  • 1

    ボウルに卵を入れて割りほぐし、グラニュー糖を加えて、ホイッパーでよく混ぜます。
    そのまま湯せん(布巾を入れると安定します)にかけて、絶えず混ぜながら液温を40~42℃に上げ、引き上げます。
    ピスタチオ・牛乳・バターのボウルを湯せんにかけておきます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 2

    ハンドミキサーの高速で4分間程度、泡立てます。
    これは泡立て始め。
    止めることなく、グルグルと大きくボウルの中で回してください。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 3

    泡立て終わり。
    垂らすとしっかりと跡が残り、消えません。
    跡が消えるようなら泡立て不足なので、追加で回します。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 4

    低速にして2分間程度、ゆっくりと全体を回して、大きな泡を消すように意識します。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 5

    泡立て終わり。
    大きな泡が消えて、キメが整います。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 6

    ピスタチオのボウルの様子をみて、溶けているようなら引き上げてください。
    温度は、50~55℃。
    熱々にしないこと。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 7

    卵のボウルに薄力粉・アーモンドパウダーを再度ふるいながら入れ、ゴムベラで底からすくうように混ぜます。
    このように面を使って、底にもしっかり触れながら横切るようにして。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 8

    ボウルの側面のカーブに沿って、クルッと返します。
    このとき、同時に反対の手でボウルを手前に90度くらい回します。
    これを25~30回繰り返すと、粉が見えなくなります。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 9

    8の生地をピスタチオのボウルにホイッパーひとすくい分入れ、グルグルと混ぜてなじませます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 10

    9を卵の生地に、浮かべるように静かに入れます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 11

    手順7~8と同じように混ぜます。
    40回くらい。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 12

    混ぜ終わり。
    フワッとした感じが残り、垂らすと写真のように跡がつきますが、5秒間くらいで消えます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 13

    型に流し入れ、トントンと軽く打ち付けて、底面までしっかり生地をいき渡らせます。
    色の濃いところは、ボウルに残った最後の生地です。
    端に入れます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 14

    予熱しておいたオーブンの温度を170℃に下げて、30分間ほど焼きます。
    型を越えて大きく膨らみ、上面全体に色がついて、真ん中を軽く押しても弾力でしっかりしていればOKです。
    シュワッとへこむようなら、追加でもう少し焼きます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 15

    布巾の上に置いて、トンと軽く落として衝撃を与え、蒸気を抜きます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 16

    ケーキクーラーの上に、ひっくり返して出します。
    このまま冷ましておきます。
    乾燥するので、翌日仕上げなど時間を置くときは、粗熱をとったらビニール袋に入れて、密封しておくとよいです。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で

ラズベリージャムを作る

  • 1

    小鍋にラズベリーピューレ・グラニュー糖を入れ、中火で混ぜながら煮立てます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 2

    量が少ないので、3分間くらいで煮詰まります。
    このくらい集められるようになったら、鍋底を冷水につけて粗熱をとり、器に移してラップをしておきます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で

仕上げ

  • 1

    オーブンを210℃に予熱開始します。

    トッピング用に、レモン皮を用意します。
    ゼスターグレーターでレモン皮を削り、大体同じくらいの量のグラニュー糖を合わせて、混ぜておきます。

    同時に、トッピング用のピスタチオダイスも小さじ1程度を小皿に出しておきます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 2

    ケーキを横半分にスライスします。
    ルーラーをお持ちの方は、ちょうどよい位置のルーラーを使って、カットしてください。
    ない場合は、先にケーキの高さの半分のところにナイフで印を1周つけていき、それに沿って少しずつナイフを入れ、切っていくと曲がりにくいです。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 3

    ふたつのカット面にそれぞれ、作っておいたシロップを打ちます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 4

    ラズベリージャムを片面に薄く塗り、のばします。
    作った場合は少し余ると思いますが、欲張らずに薄く塗りのばしてください。
    全体に塗り終わったら、生地を重ねて元に戻します。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 5

    アイシングを作ります。
    粉糖・水・レモン果汁を合わせて、よく混ぜます。
    このように垂らすと跡が残らない、ゆるめの仕上がりです。
    かたい場合は水、ゆるすぎる場合は粉糖を足して、調整してください。
    できたら、別の器に大さじ2くらい取り分けておきます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 6

    天板にオーブンシートを敷き、その上にオーブン用の網(またはオーブンに入れてもOKのケーキクーラー)をのせます。
    その上に4をのせ、多いほうのアイシングを上からかけます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 7

    刷毛で細かいところにも塗り広げていきます。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 8

    できれば側面にも満遍なく塗りたいので、垂れてきたアイシングを上手く使って。
    足りなければ、取り分けておいた大さじ2のアイシングを使って、全体を覆うように塗ればベストです!

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 9

    210℃のオーブンで、表面に少し透け感が出るまで、2分間前後温めます。
    温めすぎるとブクブク泡が立って、そのまま仕上がってしまうので、迷ったら出してください。
    多少白くてOKです。

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
  • 10

    アイシングが乾かないうちに、手早くピスタチオ・レモン皮をトッピングします。
    ピスタチオを先にするとよいです!
    このままアイシングの表面が乾いたら、出来上がりです!

    ピスタチオのケーキ マルグリット型で
公開日:2024/3/1 最終更新日:2024/3/1

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
${corepo.comment_nickname}さん
${corepo.reg_time_cm}
${corepo.comment}
コメントありがとう

0/1000

※ 絵文字は使用できません。
写真
陽子さん
${corepo.reply_time_cm}
${corepo.reply}

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

\SNSでシェア/

 

陽子さんのレシピ一覧

その他のケーキのお気に入り数ランキング

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「ピスタチオのケーキ マルグリット型で」陽子