税込6,500円以上のご購入で送料220円&クール便220円

イースト発酵のスコーン

イーストで発酵させるのでパンとクッキーのあいだのような軽い食感のスコーンです。

ベーキングパウダーのスコーンも好きなのですが、ずっしり詰まった感じではなく、しっとりふんわりしたものが食べたくて作ってみました。前日の晩に作っておいて、朝焼くと焼きたてが食べれてとってもおいしいです。

クルミやチョコチップを混ぜ込んだり、砂糖を減らしてサラダ、ソーセージなどと食べるお食事系スコーンにしたりアレンジ自在です。焼き立てサクフワ、冷めるとしっとりです。

注:レシピの転用・掲載などの二次利用はお断りしております。


作り方

  • 1

    イーストは分量のぬるま湯で溶かしておく。
    卵はときほぐして、レンジで温めた牛乳とあわせておく。(熱すぎるとダメなので、合わせたものが人肌になるくらい、もしくは冷ために。)

  • 2

    強力粉、全粒粉、砂糖、塩、シナモンパウダーをひとつのボウルに入れてよく混ぜ合わせておく。

    イースト発酵のスコーン
  • 3

    2のボウルにバターを入れて、粉をまぶしながら手ですりつぶすようにしながら粉とバターをまんべんなく混ぜ合わせる。
    (バターも粉も冷え冷えだとやりやすいです。)

    イースト発酵のスコーン
  • 4

    バターと粉がまんべんなく合わさってサラサラとした状態になったら、1のイースト、牛乳と卵合わせたものを一気に加えて、練らないように手早く粉の部分がなくなるまで混ぜてまとめる。

    イースト発酵のスコーン
  • 5

    柔らかめの生地ですが、やっとまとまる程度で手にはさほどつかないと思います。まとまらないくらい柔らかい時は少しずつ強力粉を足してまとめてください。まとまったらぴったりラップで包みます。

    イースト発酵のスコーン
  • 6

    冷蔵庫で一晩から2〜3日休ませる。発酵が進むとラップと生地のあいだに空気が入ってきます。

  • 7

    焼くときは210℃に熱したオーブンで15分から20分焼き色がつくまで焼く。(分割、成形は、包丁で適当に切り分けてもいいし、手で丸めてもいいし、型で抜くのもアリだし、なんでもいいと思います。)

    イースト発酵のスコーン
  • 8

    甘めなのでそのままでも十分おいしいですが、お好みでメープルシロップをかけるとさらにおいしくなります♪

    イースト発酵のスコーン
公開日:2011/3/15 最終更新日:2011/3/15

このレシピの材料

数量:縦5.5cm横4cmくらいの四角形8個分

  • 材料

  • 強力粉 … 100g
  • 全粒粉 … 100g
  • 砂糖 … 40g
  • 塩 … 小さじ1/2
  • シナモンパウダー … 小さじ1/2
  • バター … 70g
  • イースト … 小さじ1/2(2g)
  • イースト用のぬるま湯 … 小さじ2
  • 卵 … 1個
  • 牛乳 … 30cc
  • レーズン … 70g

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
${corepo.comment_nickname}さん
${corepo.reg_time_cm}
${corepo.comment}

0/1000

※ 絵文字は使用できません。
写真
kimさん
${corepo.reply_time_cm}
${corepo.reply}

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

kimさんのレシピ一覧

プレーンスコーンのお気に入り数ランキング

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「イースト発酵のスコーン」kim

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税込
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
在庫切れ
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る