5,500円以上ご購入で送料無料! - 2/28(水)16:00まで

抹茶と桜あんの豆乳ブレッド

豆乳入りでもっちり、桜あんがしっとり、抹茶がほんのり香る和風パンです。抹茶の緑×桜のピンクのコントラストがかわいくて春にぴったり。手土産やお花見にも。

注:レシピの転用・掲載などの二次利用はお断りしております。


下準備

型にオイルをぬっておく。
桜の塩漬けは水に10分ほどつけて塩気を抜く。
材料は全て常温にする。
暑い時期以外は水と豆乳を人肌程度にあたためておく。

作り方

  • 1

    白神こだま酵母ドライを使用する場合は、予備発酵をする。
    分量の水から大さじ1(15g)を取って人肌程度に温め、酵母を振り入れてとかし10分おく。
    (ドライイーストの場合は予備発酵は不要)

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 2

    ボウルに温めた豆乳と水を入れる。イースト(または白神こだま酵母)、砂糖、強力粉、抹茶、塩を入れてスケッパーでまぜる。
    水気がなくなれば捏ね台に出す。

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 3

    手で生地をひっぱるようにのばしてこねる。
    台から離れやすくなればバターを混ぜ込んでさらにこねる。
    表面がつるんとなめらかになればこね上がり。
    丸めてとじ目を下にしてボウルに入れる。

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 4

    乾燥しないようにラップをして暖かいところで一次発酵。
    生地が約2〜2.5倍の大きさになれば発酵完了。

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 5

    パン生地を手で押さえてガスを抜き丸め直す。
    乾燥しないようにして15分休ませる。

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 6

    生地をめん棒で22cm×15cmの長方形にのばす。
    生地の端から1cm空けて桜あんを塗り広げる。(桜あんがかたければ分量外の水を少しずつ混ぜて塗りやすいかたさに調整する)

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 7

    手前から生地を巻いていき、巻き終わりと左右をとじる。

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 8

    とじ目を下にして縦長におき、上から押さえて厚みを均等にする。
    生地の上から1cm残して縦に2本切り込みを入れる。

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 9

    生地をみつあみにする。
    始めだけ少しきつめに編むとバランスよく編める。

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 10

    型に入れる。
    湿気のある暖かい場所で生地が乾燥しないように二次発酵。

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 11

    発酵が終わる少し前にオーブンの予熱を始める。
    約2倍の大きさになって型いっぱいに膨らめば発酵完了。
    桜の塩漬けを軽く押さえるようにしてバランスよくのせる。

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
  • 12

    190℃に予熱しておいたオーブンで20〜22分焼く。
    途中で焦げそうになればアルミホイルをかぶせる。
    焼き上がったら型を上からまっすぐに落として空気を抜く。
    型からパンを出して完成。

    抹茶と桜あんの豆乳ブレッド
公開日:2017/3/6 最終更新日:2018/5/7

このレシピの材料

数量:18cmパウンドケーキ型1本分

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
${corepo.comment_nickname}さん
${corepo.reg_time_cm}
${corepo.comment}
コメントありがとう

0/1000

※ 絵文字は使用できません。
写真
aoiさん
${corepo.reply_time_cm}
${corepo.reply}

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

aoiさんのレシピ一覧

和素材の菓子パンのお気に入り数ランキング

関連レシピをタグで探す

#インスタントドライイースト コントラスト #インスタントドライイースト 塩漬け #インスタントドライイースト 強力粉 #コントラスト ピンク #コントラスト 塩漬け #コントラスト 強力粉 #ピンク 塩漬け #ピンク 強力粉 #ブレッド 強力粉 #塩漬け 強力粉

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「抹茶と桜あんの豆乳ブレッド」aoi