税抜6,500円以上のご購入で送料220円 ・クール便手数料無料!

11/29(火)16:00まで

ライ麦香るざっくりスコーン

ライ麦細挽きを使った、ざっくり食感が美味しいスコーンです。
口に含むと、ほんのりライ麦が香ります。

万人受けしやすいライ麦粉の量にしているので、もっとライ麦を主張させたいという方は、お好みでライ麦をもう少し増やしてその分薄力粉を減らしたり、細挽きライ麦を粗挽きライ麦に変えるなどすると、さらにザクザク感が味わえます。

注:レシピの転用・掲載などの二次利用はお断りしております。


下準備

・オーブンは焼成温度より10℃高い、200℃で予熱しておく。

作り方

  • 1

    分量内のcの牛乳の中から10gを耐熱容器にとり、はちみつ10g・塩1.5gと合わせておく。

    600Wの電子レンジで10秒間加熱して、はちみつと塩を溶かしてから、残りの牛乳を入れて冷やしておく。

    ライ麦香るざっくりスコーン
  • 2

    bの無塩バターは、1cm角程度にカットして冷やしておく。

    ライ麦香るざっくりスコーン
  • 3

    aの粉類をボウルに入れ、ホイッパーで混ぜ合わせる。

    ライ麦香るざっくりスコーン
  • 4

    3のボウルにカットしたバターを入れ、ドレッジで切るようにしてバターを粉でまぶし、細かくしていく。

    粉の中に、たまに米粒程度のバターの固まりが残っている状態になったらOK。

    ライ麦香るざっくりスコーン
  • 5

    4に冷やしておいた1を加え、ゴムベラで切るように混ぜ合わせていく。

    ライ麦香るざっくりスコーン
  • 6

    最後は、手で生地をボウルに押し付けてたたむ、という作業を数回くり返し、粉っぽさがなくなるまでまとめていく。
    (気温の高い時季なら、バターが溶けないようにドレッジで生地を十字にカットして重ねて、という作業を数回くり返し、生地をまとめていく)

    ライ麦香るざっくりスコーン
  • 7

    9cm×13cmの大きさにしてラップで包み、軽くめん棒で平らにする。
    冷蔵庫で1時間ほど、生地を休ませる。
    (この大きさで、だいたい2.5cmの厚みになっています)

    ライ麦香るざっくりスコーン
  • 8

    四隅を切り落として、6等分にカットする。

    ライ麦香るざっくりスコーン
  • 9

    カットした生地をシルパンにのせる。
    四隅の切れ端は重ねて、画像のように何となくひとつのスコーンにする。

    ライ麦香るざっくりスコーン
  • 10

    生地の上に、分量外の牛乳を刷毛で塗る。

    しっかり予熱しておいたオーブンの温度を190℃に下げて、18~20分間ほど焼成する。

    ライ麦香るざっくりスコーン
  • 11

    粗挽きライ麦にすると、こんな感じでプチプチ感のある仕上がりになります。
    スコーンは焼きたての粗熱がとれた頃が一番美味しいです。
    ぜひ、当日中にお召し上がりください。

    ライ麦香るざっくりスコーン
公開日:2022/2/2 最終更新日:2022/2/2

このレシピの材料

数量:6個分

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
${corepo.comment_nickname}さん
${corepo.reg_time_cm}
${corepo.comment}

0/1000

※ 絵文字は使用できません。
写真
あいりおーさん
${corepo.reply_time_cm}
${corepo.reply}

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

あいりおーさんのレシピ一覧

プレーンスコーンのお気に入り数ランキング

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「ライ麦香るざっくりスコーン」あいりおー

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税込
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
在庫切れ
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る