4,900円以上ご購入で送料無料! - 7/16(火)16:00まで

17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン

シフォン型でシフォンケーキしか焼かないのは、もったない!
中心が筒だから、焼き時間が短い!
パンにもぴったりなシフォン型を使った、ちぎりパンのレシピです。

お菓子作り派さんの「パン作りでの悩み解決」特集はこちら

クリスマス パン特集はこちら

【所要時間目安:40分】

注:レシピの転用・掲載などの二次利用はお断りしております。
また、所要時間に焼成・発酵・生地をねかす・冷やす時間などは含みません。


下準備

・aの材料は同じボウルに入れ、混ぜ合わせておく。
・bの液体類は、合わせておく。
・cの無塩バターは室温に置いて、やわらかくしておく。
・オーブンは焼成の10~15分前に、180℃で予熱開始する。

作り方

  • 1

    ボウルにaの粉類を入れる。

    ※その際、強力粉の上に砂糖・インスタントドライイースト・塩が見えるように入れると、入れ忘れのチェックができます。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 2

    仕込み水のbの温度を決める。

    目安計算式は3(目標こね上げ温度-摩擦係数)-(室温+粉温度)=水温。

    例えば室温23℃、粉温度23℃だった場合。

    3(28-4)-(23+23)=72-46=26℃

    手ごねの摩擦係数目安を4としています。

    この状況だと、水温は26℃で仕込みます。
    ※摩擦係数は人それぞれの体温などで変わるので、あくまで目安としてください。

    計算が面倒な場合は、季節に合わせて冬なら人肌に、夏は20℃程度でこねて、様子を見てください。

    ※気温・仕込み水の温度・こね上げ温度をメモしておくと、年間でどんな温度でパン生地を仕込むかの目安になります。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 3

    1の粉類の入ったボウルに2の仕込み水を入れ、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 4

    3の生地をペストリーボードに取り出し、利き手の付け根で向こう側へ押し出すようにして、台にこすりつける。

    反対の手はあけておき、時々ドレッジを使って生地を集めながら、こねていく。
    手にこびりついた生地もたまにドレッジで落とす。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 5

    卵を入れるとベタつくので、ある程度まとまったら、生地を台に叩きつける。

    ※最初は打ち付けると台にくっつくので、ドレッジで生地をすくい取りながら作業するとよいです。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 6

    生地を引っ張りながら、向こう側へ折りたたむ。

    90度向きを変えて台に打ち付け、向こう側へ折る、という作業を繰り返す。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 7

    生地が均一になったら、やわらかくしておいたバターを混ぜる。

    生地を引きちぎるようにして、バターを全体になじませていく。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 8

    バターが全体になじんだら、生地を台にこすりつけて、バターと生地がつながるようにこねていく。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 9

    手順4のように、手の付け根で台にこすりつけていく。
    時々ドレッジを使って、生地を集めながらこねていく。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 10

    手順5と同様に、生地がひとまとまりになるまで、こすりつけるようにしてこねたら、台に叩きつける。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 11

    手順6と同様に、生地を引っ張りながら向こう側へ折りたたむ。

    90度向きを変えて台に打ち付け、向こう側へ折る、という作業を繰り返し、生地がある程度薄くのばせるようになるまで続ける。

    途中で生地が破れるようなら、少し休ませる。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 12

    こね上がりの目安は、写真のように生地の端をゆっくり引っ張ると、切れずに薄い膜が張る感じ。
    すぐに切れてしまう場合は、もう少しこねる。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 13

    こね上がったら、生地温度を測る。

    ※27~28℃が理想ですが、低ければ一次発酵の時間を10分間ほど延ばし、温度が28℃より高ければ一次発酵の時間を短くするなどして、発酵時間を調整してください。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 14

    ボウルにオイルスプレーを軽くして、ペーパータオルなどでごく薄くのばしておく。

    ※こうすることで、一次発酵が終わった生地をボウルごとひっくり返すだけで、簡単に取り出すことができます。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 15

    生地をきれいに丸めてボウルに入れ、ラップをふんわりかけて30℃に設定したオーブンや発酵器で一次発酵させる。

    目安は、こね上げ温度が28℃だったら、50~60分間程度。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 16

    生地の大きさが2~2.5倍になっていたら、一次発酵完了。

    ※いつも同じボウルを使って、写真を撮って見比べると、わかりやすいです。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 17

    生地を作業台に取り出し、6分割する。

    ※このとき、スケールで生地を量って6等分にしないと焼き上がりに差が出てしまうので、しっかり計量してください。

    分割した生地を手で押さえて、ガス抜きをする。
    再び丸め直し、20分間休ませる。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 18

    休ませた生地を再度、優しくガス抜きする。

    生地を丸め直し、オイルスプレーをしたシフォン型に入れていく。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 19

    35℃に設定したオーブンや発酵器でひとまわり大きくなるまで、二次発酵させる。

    ※このとき、生地が乾燥しないように、オーブン内の天板にお湯を張ったトレーを一緒に入れたり、庫内に霧を吹きかけたりして、湿度を保って発酵させてください。

    オーブンの予熱開始時間になったら、あたたかい場所に移して、発酵の続きをします。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 20

    生地がひとまわり大きくなったら、仕上げ用の強力粉を振る。

    発酵具合がわからない場合は、軽く指で生地の側面を押してみて、指の跡がうっすら残るくらいならOK。
    跳ね返ってくるようでは発酵が足りないのでさらに5分間ほどおき、短い時間で様子を見る。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 21

    180℃に予熱したオーブンを170℃に下げて、15分間程度焼成する。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
  • 22

    焼き上がったら、型ごと台に打ち付けて、中の熱い蒸気を抜く。

    オーブンミトンで支えながら型から生地を取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱をとったら、出来上がり。

    17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン
公開日:2023/4/3 最終更新日:2023/10/30

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
${corepo.comment_nickname}さん
${corepo.reg_time_cm}
${corepo.comment}
コメントありがとう

0/1000

※ 絵文字は使用できません。
写真
あいりおーさん
${corepo.reply_time_cm}
${corepo.reply}

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

\SNSでシェア/

 

あいりおーさんのレシピ一覧

ちぎりパンのお気に入り数ランキング

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「17cmシフォン型でお花みたいなちぎりパン」あいりおー