税抜6,000円以上のご購入で送料216円 ・クール便手数料216円、税抜6,000円未満は各648円が加算されます。

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

レモン風味のラムネ

レモン風味のラムネ

子どもと作っても楽しい手作りのラムネ♪
写真では白と黄色の2色をミックスしていますが、着色の有無の違いだけです。
貝殻の型で抜いたものを白い生地で作り、シンプルな黄色い生地にミックスして可愛くしてみました♪

レモンパウダーは風味アップのために加えていますが、無くても作れます。
その場合はお水を5g分レモン汁に変えてください。

夏バテや、疲労を感じたとき、また勉強中ぼーっとする時でも口に入れると、糖分を素早く吸収できる優秀なおやつです。
クエン酸入りで疲労回復効果、暑い時期には一緒に水分も摂ると尚良しです!


下準備

クエン酸を水でしっかりと溶いておきます。

作り方

  • 1
  • レモン風味のラムネ

    粉糖をボウルに振るい入れ、コーンスターチを加えて泡立て器で合わせます。

  • 2
  • レモン風味のラムネ

    色を付けたい場合はここで食用色素を入れてください。(パウダーの場合のみここで)スプーンの半分もあれば十分かと思います。
    液体の色素を使う場合は3のタイミングで最後に入れてください。
    パウダーの場合色がこの時点ではほとんどつきませんが、次の工程で一気につきます。

  • 3
  • レモン風味のラムネ

    溶いておいたクエン酸+水を加え、手で粉と水分をこすり合わせるように混ぜていきます。

  • 4
  • レモン風味のラムネ

    ポロポロした感じに混ざっていきます。

  • 5
  • レモン風味のラムネ

    水分調整が多少必要かと思いますので目安を書きます。
    全体的にポロポロとそぼろみたいな感じですが…

  • 6
  • レモン風味のラムネ

    手でギュッと握るとひとつに固まり、ちょっとだけカスが零れ落ちる程度がベストです。
    まとまらなければ水をほんの1滴ずつ、べちゃべちゃするようなら粉糖:コーンスターチ=1:1で混ぜたものを少しずつ足し、様子をみながら調整します。
    ここでの水分量、重要です。

  • 7
  • レモン風味のラムネ

    混ざったら重曹を加えて引き続きこすり合わせるように混ぜます。
    ここで水分が多く、粉と馴染んでいないと、重曹と水が反応してしまってシュワシュワと膨らみ始めてしまいます。
    ほどよい水分量でやると、膨らんできません。←これが成功です!
    次に型抜きですが、どんどん生地が渇いてくるので、待たせている生地は密閉容器やラップを使って保湿しておいてください。

  • 8
  • レモン風味のラムネ

    型を作ってキッチンペーパーの上に並べ、このまま乾くまで一晩以上置きます。蒸す日は時間がかかると思います。
    しっかりと乾いたら出来上がり!
    型抜き、カット方法は次の工程にそれぞれ記載しました。

形成1 型を使う

  • 1
  • レモン風味のラムネ

    これを書いた今は夏なので、こんな可愛いシリコンの型を使ってみました。

  • 2
  • レモン風味のラムネ

    お好きな型にぎゅっと生地を押し込んで、上はちょっと盛り上がっている形に整えたら

  • 3
  • レモン風味のラムネ

    そのままキッチンペーパーの上に外します。簡単に外れます♪

  • 4
  • レモン風味のラムネ

    これをちまちまと^^;
    ただひとりだととても効率が悪いので、大人数で子どもたちと楽しむ時にはいいと思います!

形成2 包丁で切る

  • 1
  • レモン風味のラムネ

    ひとりで作ると型抜きの場合はとても時間がかかるので、この方法も。
    生地を直径1㎝程度の棒状にし、幅5mm程度に切っていきます。少しずつやった方が良いです!

  • 2
  • レモン風味のラムネ

    あとは形を軽く整えてキッチンペーパーの上に並べ、一晩以上乾かします。三角もかわいいですよ♪

このレシピがぴったりのラッピング

このレシピの材料

数量:直径1㎝、厚さ5㎜程度で120粒前後

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

陽子さんのレシピ一覧

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「レモン風味のラムネ」陽子

トップへ