税込8,800円以上のご購入で送料無料 ・クール便手数料無料!

12/9(金)16:00まで

冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン

はるゆたか100%の粉の美味しさを味わうべく、セミドライイーストを使うことで、イーストの香りが控えめな食パンが焼けます。
冷蔵庫でゆっくり発酵させて作る食パンです。
砂糖が少ないため焼き色が薄めなので、あればモルトパウダーを入れると焼き色がつきやすいです。
ない場合は入れなくてもOKですが、焼き色は薄めになります。

注:レシピの転用・掲載などの二次利用はお断りしております。


下準備

・生地に使う無塩バターは、室温に出してやわらかくしておく。
・型にオイルスプレーを塗っておく。
・オーブンは天板ごと210℃に予熱しておく。
(焼成温度は、200℃です)

作り方

  • 1

    バター以外のパン生地材料をホームベーカリーやこね機にセットし、スイッチオンする。
    10分後にバターを投入し、さらに10分間ほどこね上げる。
    こね上がったら、きれいに丸め直してボウルに入れ、シャワーキャップをかぶせて30℃に設定したオーブンや発酵器で生地が2倍程度の大きさになるまで、一次発酵させる。
    このとき、こね上げ温度は28℃くらいが理想です。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 2

    一次発酵が終わった様子。
    セミドライイーストはビタミンCが添加されていないので、インスタントドライイーストに比べて生地がだれたような感じがありますが、普通なので大丈夫です。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 3

    パンにボリュームを出すために、パンチといって、グルテンを強化するためのパンチをします。
    パンマットやペストリーボードに軽く打ち粉(分量外)を振って、2の生地を取り出し広げます。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 4

    左右から中心に向かって折り、その都度手で押さえる。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 5

    上下から中心に向かって折り、その都度手で押さえる。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 6

    5の生地を丸め直して再度ボウルに入れ、ラップをして冷蔵庫で一晩発酵させる。
    4℃以下では発酵できないので、5℃程度で。
    野菜室は温度が高いので、冷蔵室がおすすめです。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 7

    一晩(8時間程度)経った生地の状態。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 8

    冷蔵庫から出したばかりの生地は冷えていてイーストの働きが悪いので、復温といって温度を20℃程度まで戻す必要があります。
    ボウルに入ったまん丸の状態のままだと、中心の温度が戻るまで時間がかかるので、一旦軽く打ち粉をした台に取り出し、手で平らにして3分割しておき、生地の厚みをなくして早く温度が回復できるようにします。
    ※その際、大きなビニールシート(45Lの袋)をふんわり生地につかないようにかぶせて、生地が乾かないように注意します。
    およそ1時間程度かかります。
    温度計をパン生地の中心にさしておくとよいです。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 9

    温度が回復したら、切り口を中心に集めて生地を丸める。
    ※これは裏面です。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 10

    丸め直した生地をパンマットの上に置き、20分間程度ベンチタイムをとる。
    ※このときも乾燥しないように大きなビニールシート(45Lの袋)をふんわり生地につかないようにかぶせて、生地が乾かないように注意します。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 11

    休ませたパン生地をめん棒で平らにならす。
    ※生地がべたつくときは、パンマットをパン生地にかぶせてパンマットの上から優しくめん棒をかけると、くっつきにくくやりやすいです。
    その際、あまり強くめん棒をかけるとパンマットにくっつくので、優しくしてください。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 12

    左右から中心へ向かって空気が入らないように折り、上から手でトントンと空気を抜くようにその都度押さえる。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 13

    軽くめん棒をかけて、 向こう側の生地をひと巻きして芯を作る。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 14

    芯を中心に生地を張らせるように巻いていく。
    ※型に入れるときは、左右の生地は巻き終わりが中心に向かっているように配置します。
    成形時、あまりきつく巻くと発酵に時間がかかったり、生地が破れてしまうので、注意してください。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 15

    準備しておいた型に14の向きで生地を入れ、シャワーキャップやラップをかぶせる。
    35℃に設定したオーブンや発酵器で、型ギリギリまで生地が膨らむまで、二次発酵させる。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 16

    型の7割くらいまで発酵したら、オーブンを210℃で予熱開始する。
    ※予熱時間になったら、一旦オーブンからパンを取り出し、続きの発酵を部屋のあたたかい所でします。
    型ギリギリまで生地が膨らんだら、予熱したオーブンを200℃に下げて、25分間程度焼成する。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
  • 17

    焼き上がったら、少し上から型ごと落としてショックを与え、中の蒸気を抜いて型から出して粗熱をとる。
    ※ご家庭のオーブンに合わせて、温度・時間は調整してくださいね。

    冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン
公開日:2021/8/11 最終更新日:2021/8/11

このレシピの材料

数量:松永製作所ワンローフ1斤型(95×185×90mm) 1つ分

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
${corepo.comment_nickname}さん
${corepo.reg_time_cm}
${corepo.comment}

0/1000

※ 絵文字は使用できません。
写真
あいりおーさん
${corepo.reply_time_cm}
${corepo.reply}

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

あいりおーさんのレシピ一覧

プレーン食パンのお気に入り数ランキング

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「冷蔵発酵でゆっくり発酵食パン」あいりおー

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税込
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
在庫切れ
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る