税込6,500円以上のご購入で送料220円&クール便220円

マーブル切り株の焼きメレンゲ

クリスマスには、日本ではいちごの乗ったデコレーションケーキが典型的なクリスマスケーキとして幅を利かせているけれど、フランスではとい型を使ったアントルメのブッシュ・ド・ノエルがもっともポピュラーなものです。その次によく街角で見かけるのが、古典的なブッシュ・ド・ノエルで木の切り株型をした薄いロールケーキ。これにバタークリームでデコしてあるのが普通。

日本では、アントルメスタイルのクリスマスケーキはまだまだ少ないので、今回は去年作ったロールケーキの生地をそのまま使い、中身やデコをアレンジしたバージョンを作ってみました。ロールケーキだったら、比較的簡単に出来上がるし、万人受けするのがいいところかなと思います。
今回はマロン尽くしのマロン・ロールケーキ。絞りやデコは星をイメージして飾ってみました。そのデコのテクニックをお見せします。

デコを決めるときには、何かひとつそのイメージを作ってみることをお勧めします。
私は、今回は星(流れ星)がテーマだったので、そのイメージを元にマロンケーキに合うものを揃えることにしました。ひとつイメージを決めたら、それに合うものとケーキに挟む材料をデコに選びます。 流れ星+マロン(栗)+クリスマスなので、それらに合ったものを選んだら、デコも簡単になるというわけです。

デコはケーキを作るよりも先に予め準備しておくと、簡単に作業が進みます。こういったものは乾燥剤を入れておけば、比較的長く保管できるものです。 余談ですが、ブッシュ・ド・ノエルのブッシュは、フランス語では切り株、そしてノエルはクリスマスと言う意味で、ノエルの切り株ということになりますね。クリスマスはキリストの生誕をお祝いするものなので、決まって緑、赤、そして白が象徴的に使われる色合いです。緑は、常緑樹(クリスマスツリーはモミの木で、その象徴)を表し、永遠の平和を、赤はキリストの流した血(尊いもの)、そして白は純潔さを表す(生まれたての赤ちゃんのように)色として使われることが多いというわけです。そのモミの木などの切り株のようなブッシュ・ド・ノエルが、いつの間にかフランスではクリスマスケーキとして定着したのかもしれませんね。

注:レシピの転用・掲載などの二次利用はお断りしております。


マーブル切り株の焼きメレンゲ

  • 1

    湯せんの用意をする。きれいなボウルに卵白と3分の1量の砂糖を混ぜて 泡だて器でよく混ぜ合わせながら、湯煎にかけ、卵白の温度が40℃以下に なるまで温める。泡だて器で休むことなく混ぜ合わせていること。(Photo5)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
  • 2

    適温になったら、湯せんから外してミキサーの高速で混ぜる。
    白いメレンゲになり始めたら、また3分の1量の砂糖を混ぜて、 さらに7分立てぐらいになったら、残りの砂糖を加えて低速に変えて 混ぜ合わせる。メレンゲがツヤツヤしてツノがたったら出来上がり。(Photo6)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
  • 3

    (Photo7)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
  • 4

    ここから20gのメレンゲを取り分けて、ふるったココアを入れて、 混ぜ合わせる (Photo8)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
  • 5

    残りのメレンゲにふるったコーンスターチを入れて、さっくりと 混ぜ合わせる。

  • 6

    白いメレンゲを小さな丸金口を付けた絞り袋に入れて、 ベーキングペーパーを敷いた天板にロールケーキの切り口の大きさぐらいに 丸く絞る。中心の芯の部分からグルグルと絞って行くとよい。

  • 7

    その上にお箸の先などで、ココアメレンゲを放射状に載せて、ナイフの先で グルグルとマーブル模様を付ける。100℃に予熱を入れておいた オーブンで、1時間半から2時間程度、じっくりと乾燥焼きさせる。 出来上がったら網にとって冷まして、乾燥剤を入れた密閉容器に保管しておく。
    (Photo9)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
  • 8

    (Photo10)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
  • 9

    (Photo11)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ

ダークチョコレートの星

  • 1

    テンパリングしたチョコレートを薄く転写シートに伸ばして70%ぐらい 固まって来たところで、素早くクッキーカッターなどで、チョコレートを 抜いていく。完全に固まってから取り除くこと。(Photo12)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ

デコの仕方

  • 1

    乗せたいパーツや素材を選んで、それをバランスを見ながら乗せていくのが コツ。立体的に見えるように、パーツが重ならないようにすること。 シメトリーや、アンバランスの妙を大切にするとよい。横から見ても 前から見ても、後ろから見ても、バランスよく飾るようにするのが きれいに見えるポイントです。(Photo13)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
  • 2

    (Photo14)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
  • 3

    (Photo15)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
  • 4

    出来上がり(Photo16)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
  • 5

    ケーキの断面。(Photo17)

    マーブル切り株の焼きメレンゲ

完成

  • このふわふわ+しっとりした生地とマロン・シャンティイと栗のおいしさがいっぱい!

    マーブル切り株の焼きメレンゲ
公開日:2014/4/1 最終更新日:2014/4/1

このレシピの材料

数量:

このレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!


写真
${corepo.comment_nickname}さん
${corepo.reg_time_cm}
${corepo.comment}

0/1000

※ 絵文字は使用できません。
写真
panipopoさん
${corepo.reply_time_cm}
${corepo.reply}

このレシピを紹介してみませんか?

詳しい貼り付け方法はこちらから

 

panipopoさんのレシピ一覧

メレンゲクッキーのお気に入り数ランキング

みんなの新着レシピ

おすすめ PICK UP!

「マーブル切り株の焼きメレンゲ」panipopo

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税込
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
在庫切れ
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る